首都圏が封鎖された場合の開室について

2020年4月2日

 

保護者様各位

緊急事態宣言が出され、首都圏が封鎖された場合における、当塾の方針についてですが、

①大手塾などとは異なり1対1の個別指導であり、集団感染のリスクが低いこと

②都立高校に合わせ、都立中高や私立の小中高に関しても休校がGW明けまで延長されること

③緊急事態宣言における制限措置の対象施設に学習塾も入っておりますが、

床面積が1000平方メートル以上が対象であり、当塾は該当しないこと

(新型インフルエンザ等対策特別措置法施行令 第十一条)

以上の3点により、特に受験生を中心に学習の場の確保が必要な状況を鑑みて、通常通り授業を実施させて頂きたいと思います。

 

その為、今まで以上に生徒様が密集しないように授業の時間を調整させて頂くとともに、

・マスクの着用の徹底

・来塾時の手指のアルコール消毒の徹底

・ウィルスの残存しやすいドアノブをはじめとした扉や学習机の消毒の徹底

・1時間毎の換気の徹底

を行っていきます。

 

また、ご希望の生徒様には、一時的に「Skype」を用いてのオンラインでの個別指導に切り替えて授業を実施し、学習の停滞が起きないように取り組んでいきます。

また、オンライン授業での受講中の生徒様に関して、 質問がある場合は、事前にメールやチャットしてもらい、時間のある時に質問に答えさせて頂きます。

 

上記の方針に関しては、緊急事態宣言の内容やその後の動向により変更となる場合もあります。

まずは、お子様、および保護者様の安全が重要ですので、気になる点ございましたらお気兼ねなくお問い合わせください。

 

実戦理数学院アルカディア

塾長 廣瀬