入塾案内
school fee
授業料
実戦理数学院は、「実戦」という表現にもございますように、お子さま、特に受験生の限られた時間を有効利用し、「実戦」に役立つ解法力・得点力の飛躍向上をめざすことを第一目標としております。

完全個別指導(講師1名に対し生徒1名)での授業となります。
お子さまの状況やご予算等をご遠慮なく、教務社員にご相談下さい。
まずはお子さまに私どもの授業を体験してください。

たとえ初対面であっても熟練したプロ講師ならではの技で、お子さまの性格や勉強状況などを瞬時に理解し、お子さまに最適の形での授業を展開致します。

その様子をご覧いただければかならずご満足していただけると存じます。
≪P-style≫ 講師は厳選されたプロの専門講師
完全個別指導(1:1)

1コマ90分の指導料金です。(小学校4年生以下は60分指導)
〔月額授業料〕
小学生/4年生以下
(指導時間:60分)
月4コマ/週1回:19,800円
月5コマ/週1回:24,750円
1コマ単価:4,950円
小学生/受験・補習
(指導時間:90分)
月4コマ/週1回:29,000円
月5コマ/週1回:36,250円
1コマ単価:7,250円
中学生/受験・補習
(指導時間:90分)
月4コマ/週1回:29,600円
月5コマ/週1回:36,000円
1コマ単価:7,400円
高校生/補習
(指導時間:90分)
月4コマ/週1回:31,640円
月5コマ/週1回:39,550円
1コマ単価:7,910円
高校生・既卒生/受験
(指導時間:90分)
月4コマ/週1回:33,240円
月5コマ/週1回:41,550円
1コマ単価:8,310円
目標の達成度をかんがみて、月次単位ですが他コースへの変更も可能です。
教務社員からもご相談いたしますが、保護者の皆さまからもご遠慮なくお問合わせください。
other
その他、概要
入塾金/その他費用
入塾金
 22,000円(税込)
・ご兄弟での入塾の場合は二人目から入塾金は免除になります
・塾生からのご紹介の場合は半額となります
施設利用料
月額 3,800円(税込)
教材費
必要に応じて別途ご請求させていただきます。
講習費
春期・夏期・冬期などの特別講習時には別途ご提案させていただきます。
お支払方法
授業料は請求書をお渡しいたしますので前月25日までにお振り込みください。
なお、授業料は前払いとなっておりますのでご了承ください。
授業料のお支払が2ヵ月以上遅延した場合は退塾していただく場合もございます。
銀行振り込み口座は、別途お知らせいたします。
自修学習
自習につきましては、塾の開校時間内に無料でご利用いただけます。
社員の指定した席で静かに勉強して下さい。
理解できない問題や単元などがある場合は、すぐ理解させられるものについてはその場でお答え致します。それが難しいと判断した場合、次の授業時間内で指導致します。
退塾の際のご注意
退塾をご希望される場合は、退塾をご希望月の前月15日までにお申し出ください。
月途中でのお申し出の場合には、未受講分に該当する金額の返金は致しかねますのでご注意ください。
授業への遅刻、欠席、振替についての取り扱いについて
授業に遅刻してきた場合
公共機関等遅延、予期せぬ事故、自然災害などやむえない理由以外の遅刻については授業時間の延長はできませんのでご注意ください。
授業に欠席した場合
授業の予定を欠席しなければいけない場合、その旨を授業予定日の前日までに、電話あるいは電子メールにてご連絡いただきますようお願い申し上げます。
御相談の上、別日へ振替いたします。また、授業予定日当日の公共機関等遅延や、予期せぬ事故、自然災害、体調不良などやむえない理由の場合も別日に振替いたします。
それ以外の欠席につきましては振替ができかねますのでご注意ください。
振替について
振替授業を希望される場合は、必ず前日までにご連絡頂きますようお願い致します。
当日の振替は原則としてやむを得ない事由のほかはお受けすることができませんのでご注意お願い致します。また、振替は当月内でお願い致します。
次月以降への振替は原則としてお受けしておりませんのでご注意ください。ただし、振替日が月末最後の週に該当する場合は次月の第1週までの振替となります。
入塾した生徒様の声
実戦理数学院アルカディアに入塾した生徒様に体験談をいただきました。
生徒様の声をもとに気になる事がありましたら、お気軽にご質問ください。
入塾時に塾長が約束した早稲田高等学院に合格。
入学後、内部進学生徒との勉強のラグに悩みながらも部活と勉強は両立させる。
高校1年から段階的に定期テストにおける平均点を上げていき、最後の特別考査では、評定9で最終成績を終え、早稲田大政経学部に内部進学。また、現在大学在学中であるが、塾長との交流は継続中。
中3で他塾とのダブルスクールで入塾
〇〇さん
中3の秋に入塾。他塾(集団塾)とのダブルスクール
標準コースに在籍ということもあり、進度が遅く内容面でも極めて標準的な勉強しかできていなかった。
短期間での勝負ということもあり週2で数学を指導。最初は都立も視野に入れていたが、11月に都立を断念し私立に一本化した。
3科目に集中することで取り組みやすくなった結果、急激に理解度定着度ともに深化。
年末の時点で過去問対策にはいり、過去問の解き方を3科目に関して学習。
ポイントを理解することで、確実に点数が取れるようになり、中杉レベルは合格点を越せるようになった時点で、お父さんの出身校である本庄を受けたい旨塾長に伝えてきた。
他塾での担当からは、標準コースから早稲田系は絶対無理と言っていたこともあり、入試1か月前のことであったが、ここから本庄の過去問にも取り組み受験校全てに合格した。
挨拶に来たI君は「先生に出会えていなかったら、ぼくは絶対に早稲田には行けなかった。本当にありがとうございました」
朴訥とした、おとなしい青年ではあったが、指導をきちんと聞き、絶対的な信頼をしてくれたことと、自宅での復習が勝利のポイントであった。
早稲田本庄合格
I君
早稲田大政経学部を目指して現在通塾中。
入塾時に塾長との約束である早稲田大政経学部を目指して現在通塾中。将来の目標は外務省(国家公務員1種)と塾長とともに設定し、各定期テストの成績向上に取り組んでいる。

 
中2で入塾した早稲田実業の現高校2年生生徒
〇〇君
将来は理系科学者。
将来の目標をしっかりと持っていなく成績も伸び悩んでいたが、塾長の指導で将来は理系科学者となることを目標としてもつようになった。その為にも勉強をきちんとし、定期テストにも真剣に取り組む意思が出てきた。将来は東京工業大を目指すこと。中3での目標や高校での取り組み方など長期的なプランを持てるようになった。
中2で入塾した攻玉社の現中学3年生男子生徒
〇〇君
希望の大学に見事合格。
高校3年生の秋に、化学が不得意でこまっていたところから入塾。
残された時間の少ない中で、効率的でわかりやすい授業指導で、曖昧だったところが明確になり解法力は着実に向上。
まだまだ十分なレベルまではあがらなかったが、希望の大学に見事合格。
高校3年生の生徒
〇〇さん
夏休み明けに、化学の点数が上がらない事で入塾。
理論化学の計算問題を中心に指導することで、飛躍的に点数が上がった。
今まで指導を受けて生きた中で一番わかりやすい、問題の読み方から解き方の指導されたことを、自宅で徹底的に復習に取り組んだことが功を奏したと思われる。短期間で定着度が飛躍的に上がった、典型例である。
高3で入塾したUさん
〇〇さん